アトピー肌で顔が赤くなった時の治し方

私は幼少期からアトピーで、現在はだいぶ良くなっていますが、たまに日光に当たりすぎると顔が赤くなることがあります。

そんな時にやってきて良かった対処法を紹介します。

 

その1 皮膚科でもらった保湿剤ヒルドイドソフト軟膏をぬる→プロトピック軟膏をぬる

 

まず「ヒルドイドソフト軟膏」という保湿剤でスキンケアをします。

f:id:kawaninn:20170107160411j:plain

これは皮膚科で処方してもらいます。

25gの大きめなピンクのチューブのクリームです。

化粧水などは使わず、洗顔のあとはまずこれを顔全体にぬります。

 

続いて赤い部分にプロトピック軟膏をぬります。

f:id:kawaninn:20170107160556j:plain

これも皮膚科でもらいます。

5gの小さなチューブです。

こちらはステロイドではない免疫抑制剤です。

塗ったときぴりぴりしたり皮膚が熱くなったりしますが、そんなにひどい状態でなければ大丈夫です。

皮膚がじゅくじゅくしたり炎症がひどい場合は激痛を伴うのでやめたほうがいいそうです。そういう場合は先にステロイドで炎症を抑えてからぬるといいそうです。

 薬をもらうときに注意書きが渡されますが、塗ったところは日光に当てないようにします。

 

最近はこの方法で顔が赤くなっても3日くらいで治ります。

赤いのが治るまでは極力化粧やジェルなど他のスキンケアは控えます。

炎症を起こしている間は一般の化粧品のジェルでもしみたりしますので使わないようにします。「ヒルドイドソフト軟膏」はしみたことはありません。

お仕事していると顔の赤みが気になり化粧をしてしまいがちですが、どうしてもというなら下地とクリーム状のコントロールカラーだけ、とかにしてみてはどうでしょうか。

そして帰ったらすぐに化粧は落とします。

 

ファンデーションやお粉をぬると肌が乾燥するので塗らない方がいいかと思います。

といっても私も以前はパウダリーファンデーションを塗って出勤していましたが。

オフィスで仕事しているとすごく乾燥するのでちょこちょこトイレに行っては持参した保湿クリームを上からぬったりしていました。(市販の水スプレーは合いませんでした)

今はファンデーション自体ををやめて7年くらいになります。

普段は仕事でも日焼け止め下地クリームのみです。

 以前に比べると肌がもちもちして乾燥しなくなったと感じています。

 

その2 ビタミンEのカプセルを切って中身を顔にぬる

 

これは私が高校生の時、薬局の方から教えてもらった民間療法なのですが、ビタミンEの黄色いカプセル(サプリメント)をカッターで切って、中身を直接顔にぬる、というものです。

当時その地域でかかっていた皮膚科で処方されていた「なんとか水」というものが合わず、顔が赤くなってしまっていました。

そして薬局に行ったところこの方法を教わり、試してみてください、といただいたカプセルを試しに切って塗ってみたところ、状態がものすごく改善しました。

朝晩に一回一粒を塗る感じだったと思います。

塗った瞬間からとろりと気持ちいい感じがして、すごく肌が保湿されている感覚がありました。ビタミンEは抗酸化作用、肌荒れの予防などの効果があると言われていますが、どの成分がどう効いたのかはよくわかりません。

ただ、「保湿されてる感覚」がすごいあったのと、「肌の状態が良くなった」のは確かです。しみたりすることもありませんでした。

なので、方法の一つとして書いておきたいと思います。

ビタミンEは自然由来か合成かとかは分からず、詳しいメーカーなども覚えていなくて申し訳ありません。

 

あとは気をつけることとして、外に出るときは必ず日焼け止め+帽子や日傘で紫外線対策をします。私の場合は日光に当たりすぎると赤くなるので。

それとストレスをためず、無理しないで休息し睡眠をたっぷりとります。

野菜や果物を積極的に食べる、食品添加物は避けるなど予防として他にも気をつけていることはありますがそれはまた次の機会に。。。