読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫にイライラした時の対処法8つ

今日は夫にイライラした時の対処法を書いてみたいと思います。

私はまだ結婚2年目の新米主婦なのですが、たまに夫にイライラしてどうしようもなくなる時があります。

普段からたまっている不満を小出しにはしていても一向に状況が改善されないと、ある日ついに限界を迎える時がきます。

そうなると突然感情の袋がぷちっと切れ、いきなり涙が出てきて止まらなくなったり何をしてもイライラするようになります。そして笑えなくなります。

普段「頑張って家の中を明るい雰囲気にしよう」とか思っていても、全くできなくなります。それどころか夫が視界に入るだけでストレスになってきます。

それって日常生活に支障をきたしますし、第一そんな気分で毎日過ごすなんて嫌ですよね。できればいい気分で毎日を過ごしたいです。

というわけで他の方のブログ等を参考に実際私がやってみたり以前にやってみて効果があったことを書きますね。

 

1 イライラしたことを紙に全部書き出す

そこらへんの紙でもチラシの裏でも手帳でも日記帳でもなんでもいいのでとにかくイライラしたことや自分の感情を全部紙に書き出す。この際「自分の気持ちを包み隠さず正直に書く」「『こんなことを思う私ってひどい』などとは思わない、思ってもとにかく書く」ことです。

もちろん書いている間に「でも夫も私をサポートしてくれた時あったしな」などという感情が湧いてくる時もあります。しかしだからといってやめてはいけません。

今は自分のイライラした感情を解消するのが先なので、とにかく全部書き出すのです。

 

私の場合は昔から日記をつけていたので、日記用のノート(無印良品のです)にいつも使っている水性ボールペン(uni-ball SigNo0.5です)で書くことが多いです。

書いている間は気分の赴くままに、罫線も無視(笑)とにかく思いつくまま気が済むまで書き殴ります。すると書き終わった頃にはけっこうすっきりするのです。

 

人によっては「鉛筆で書く」とか「書いた紙を破る」などといった方法をすすめていることもありますが、私は鉛筆ではいまいち気持ちがすっきりしないのと、たとえ文句だろうがせっかく書いたものを捨てるのは忍びないので(笑)黒インクのペンで思いっきり書き、捨てずにとってあります。

このへんは好き好きで良いと思います。

とにかく「たまった感情を表に出す」ことが重要なのです。

 

2 家事はほったらかしてとにかく出かけ、気が済むまで帰らない

最低限自分がどうしても必要と思う家事だけをやり、あとは放っておいてさっさと出かけます。行先は公園でもコンビニでもどこでも構いませんが、いつもは行かないけど行ってみたかった街やスポットなどがおすすめです。

なぜならそれによって同時に以前からの願望も満たされるからです。「行きたいけど行けない」ことも相当ストレスになっていたはずなので、これも解消され一石二鳥です。

 

ちなみに私は朝食の準備と寝室である畳の部屋の掃除機かけ(理由は後述)だけをして、前から行きたかった近隣市の神社と図書館に行きました。

ちょっと距離があるので電車に乗って行きましたが、普段は徒歩通勤のためあまり電車に乗ることはないので良い気分転換になりました。

まずは神社でお参りし、図書館では休憩スペースがあったので、自販機で買った飲み物を飲みながら手帳に想いの丈を書きまくることで、だいぶ落ち着くことが出来ました。

 

普段から通勤電車で疲れているなら近所の公園をのんびり散策、あるいはベンチやちょっと雰囲気のいい喫茶店でぼーっとするのもいいと思います。

 

そして気が済むまで帰りません。いつもの夕飯の時間を過ぎてしまうかもしれませんが気にせず夫には自分でやってもらうようにします。

お子さんがいると「ご飯の支度が~」となってしまうかもしれませんが、 そのへんも可能であれば夫とか親とかママ友とか頼れる人に最初からお任せしてしまうのがいいと思います。

 

3 生活費で好きなものを食べる

私の場合は平凡ですが図書館に併設のお店でランチセット(800円くらい)を食べました。

この値段の割にはボリュームもしっかりとあって美味しかったので大変満足しました。

(家にいる夫には朝一食分しか用意してきていない)スイーツ好きならフルーツ専門店の高級フルーツパフェとかケーキとかでもいいと思いますが、辛党ならフォーでもたこ焼きでもなんでもいいのでとにかく生活費で自分が食べたいものを食べます。

「腹が減っては戦は出来ぬ」じゃないけど、お腹がすいてるとイライラすることも増えます。美味しいものを食べてお腹が満たされると、だいぶ気分も落ち着きます。

お腹のすいたまま腹を立てて歩き回ることのないよう、外でもご飯はしっかりと食べましょう。その際夫に罪悪感は抱かないようにします。

              

4 「やりたいこともしくはやりたくてもできなかったこと」をやる

「自分が本当にやりたいこと」のみをやります。家事などの「やらねばならぬこと」には極力手をつけません。

例えば私の場合、「読書」と「ブログを書くこと」が前からやりたいと思いつつなかなか出来ていなかったことなので、読みたかった本を持っていって図書館の休憩所やレストランで読み、手帳に今の自分の気持ちや決意、気づいたことや感想などなんでも書きました。自分の気持ちの解消とネタのためです(笑)

夕飯の支度などは考えず気が済むまで読書し書きまくった結果、外は暗くなりましたが自分の気は晴れてきました。

お菓子作りとか、編み物とか、ヨガとか、写真を撮るとか、なんでもいいと思います。

ダンス習いたかったんだよな~」って思っていたのなら思い切ってダンススタジオに見学に行ってみるとかでも。

とにかく自分がやっていて楽しいこと、でも出来ていなかったことをやります。

「とりためたドラマを見る」でも「見たかった映画を観に行く」でもいいです。

あなたがずっと「やりたいと思っていたのに我慢していたこと」はなんですか?

思いついたら今こそ実行しましょう! 

 

5 ショッピングする(ポイントは全額充当で)

前から欲しかった自分の服や靴などを思いっきり買います。

ただし生活費をあてると自分の首をしめるので、そこは適度にしてあとは仕方ないですが自分のバイト代や虎の子を使います。ただし普段の食材や生活用品の購入でたまったポイントは全部使ってしまいます。

私の場合はいつも生活に必要なものはほとんど近所の大型スーパーで購入しているのでけっこうポイントがたまっており、セールのニット一着分はまるまる充当できました。これでかなりスッキリ☆した気分になりました。

自分のお金を使うと不満がたまるのでは?という心配もありましたがやってみるとそれは大丈夫でした。むしろ欲しかった服などを買えなかったイライラがきれいに解消した喜びが大きく、その後も買った服や靴などを身に着けて外出するたびにうきうきした気分になるので効果の方が大きいと思います。

 

6 家では「自分で決めた自分の時間」を宣言し、死守する

外出し、帰ってきてからも「自分の時間」は宣言し、死守します。

私は読書の結果「今日から毎日一日2時間は書く」と決めたので、夕食時夫に宣言しました。「毎日2時間書くと決めた、今日は21時から23時まで書こうと思ったけどもう22時過ぎてる。」と。すると夫はすんなり「そう、わかった」と部屋へ。しかも驚いたことに最近久しくなかった食器をさげて洗うところまでやってくれました。

私が帰宅したのは21時半くらいでしたが、おかげで22時半から予定通り2時間以上は書くことが出来ました。久々に充実した気分に。

理由は「育児に疲れたから」でも「仕事で疲れたから」でもいいと思います。

「とにかくそれだけの時間が自分には絶対に必要である」ということ、「自分が強くそう思っていること」をはっきりと伝え反響はどうあれ頑なに実行することが肝心かと思います。

 

7 夫とは無理してしゃべらない

いろいろやっても1日じゃまだ腹の虫がおさまらない、帰ってきてもおさまらない、ということもあると思います。私がそうでした(笑)そういう時は夫とは無理してしゃべりません。必要最低限の会話だけしてあとは終始「むすっ」とした態度で接します。

一緒にごはんを食べていてもだんまり。夫はおしゃべりな性格ではないので私が喋らないと「・・・」「・・・」(テレビ音のみ)みたいなことになるのですが、構わずほうっておきます。大事なのは「自分の気持ちを大切にし、今私は不機嫌である、と表現する」ことです。

そうこうしているうちに「何が不満なの?」とか「どうしてほしいの?」とか聞いてきたりします。こうなったら最後の方法を試みます。

 

8 現実に対処できそうなことはまじめに交渉し改善を要求する、もしくは泣いてもいいからとにかく自分の窮状を訴える

私が危機的状況に陥ったことは何回かありますが、そのひとつが毛足の長いじゅうたんのせいで掃除機かけがなかなか終わらないこと、でした。

うちの掃除機は「ハウスダスト発見ランプ」というものがついているのですが、ハウスダストがあるとこれが赤く点灯し、なくなるまでは消えません。

前はそこまで気にしてはいなかったのですが、近年風邪から持病のぜんそくに移行しかなりひどい症状に陥ることがよくあったため喘息に関する本を読んだところ、「(アレルゲンとなる)ハウスダスト(ダニの死骸やフンなどのほこり)をこまめに除去することが大事、滞在時間の多い寝室と居間は毎日掃除機をかけましょう」と書いてあったのです。

ここから私はハウスダストに対して過敏になり、本で読んだとおり寝室と居間は毎日掃除機をかけ始めました。そしてこの赤いランプをとても気にするようになりました。ランプが消えるまで、もしくは点滅になるくらいまで、掃除機をかけようとしだしたのです。

ところが居間にあった毛足の長いじゅうたんはこのランプがなかなか消えません。

というか消えた記憶がほぼありません。

5分、10分、、ずっとつきっぱなしです。だんだんパニックになってきます。

他にもじゅうたんを敷いていたのである程度かけたところで「もういいや」と判断して切り上げる日々が続きましたが、翌日にはまた赤ランプの繰り返しです。

ソファにも布団にも掃除機をかけ、テレビ台の上などもふき、網戸をふいたりカーテンを洗ったりお風呂場の壁や天井のカビをふいたり排水溝を掃除したり、玄関ドアをふいたりと週2、3日の仕事の日以外は一日が掃除で終わる毎日。。。

ぜんそくは発作で死ぬこともある病気と知り、もう二度とかかりたくない!と毎日必死に掃除しているうち、確実に精神が追い詰められていきました。

そしてある日、また消えない赤ランプを見ながら絨毯に掃除機をかけていたとき、突然涙があふれて止まらなくなったのです。

そして私は夫の部屋に行き、「ごはんは自分で用意してください」と言いました。

私の急激な変化に夫はびっくりして「どうしたの?」と言いました。

私は「このじゅうたんの赤ランプが消えなくてつらい」「もうじゅうたんに掃除機をかけるのはいやだ。」「全部やめる」と言い、自力でソファを動かしてじゅうたんを外し始めました。すると夫も黙って手伝ってくれ、そこにひいてあった2枚の絨毯は全部押し入れにしまわれ、フローリングの床になりました。

すると、、、あれだけ大変だった居間の掃除機かけが信じられないくらい短い時間で終わるようになりました。ランプもすぐ消えるようになりました。

またこの時「掃除に時間をとられすぎてつらい。ルンバを買って。」とお願いすると、後日アマゾンのセール時に買ってくれたのです。

ルンバを導入すると掃除機をかける時間が大幅に短縮され、自分の気持ちもすごく楽になりました。以後畳の部屋(目の方向にかけられないため)と洗面所脱衣所(段差があるため)以外はほぼルンバにやってもらっています。

 

 また、うちは毎月定額を生活費として夫からもらっているのですが最初の頃「生活費が足りない」ことで精神的に追い詰められた時は「今もらっている額では食費を削らなければ生活用品が買えない、増額してほしい」と訴えました。最初は渋っていたのですが頑なに食費を節約してシーツやタオルなどの生活用品にあてていたところ、少しですが増額に成功しだいぶ楽になりました。

今回も前々から「家事に時間をとられて自分の時間がとれない」と言っていたのですが「たくさん時間あったでしょ。別にやらなくていいし。」と笑い飛ばされていたところ、切れた私がプチ家出を決行したのが効いたのだと思います。あと、自分がどれだけ家事に時間を費やしているのかを測るため一日の行動記録もつけ始めていました。

 もちろん、集計して夫に示すためです。これを夫の目に入るところでやっていたのも良かったのかもしれません。つけた紙をそのへんに置いてあったりして。(まだ集計してませんが)

その後は順調にごはんの支度も皿洗いも洗濯物干しもまた前のようにやってくれています。(いつもではない)

 

「泣くまでわからないのか」とか「そこまでしないとわからないのか」という感じですが、きっと「そこまでしないとわからない」のだと思います。

愚痴を言いつつもいつものように接していると夫には「別に異常事態ではない」と判断されてしまいます。

「話してもまともにとりあってもらえない」と感じたら実力行使するしかありません。妻が泣いたり家出して初めて「異常事態である」と認識されるのだと思います。

論理的にデータとかで現状を説明して期限とかつけて変化を迫れる人はそうしたらいいと思います。でも私は出来なかったのでとにかく実力行使したり感情を爆発させました。

そして改善を迫りました。

実力行使したり感情を爆発させてからだと夫も素直に聞いてくれます。

やはり根本的な原因を取り除くのは効きますので、より快適な生活に向けて改善を迫っていくことは大事だと思います。

 

まとめ

以上8つ、不満を書き出す、出かける、好きなものを食べる、やりたいことをやる、ショッピングする、無理して喋らない、自分の時間を死守する、窮状を訴える・改善を迫る、でした。

夫へのイライラ解消にどれかひとつでもお役に立てば幸いです。

 

おまけ 

私のほうにも反省点はあります。

「なんでも自分がやらなきゃ」と思っていなかったか?というところです。

自分がアトピーと喘息もちのアレルギー体質なため、食事はなるべく添加物を避け自炊したいし(食品添加物がアレルギー体質の一因、との説があります)前述の理由からほこりも避けたい。

そのようなことを普段から話していたため料理にしても掃除にしても「自分がやりたいからやってるんでしょw」と言われてしまうという悔しい状況でした。

それは確かにそうなのですが、それ以外にも仕事が忙しい夫のため私は家事を頑張って支えてあげなきゃ、と思っていなかったか?そのために時間を費やしすぎていなかったか?ということです。そう思うこと自体はいいことのように思えますが、あまりに自分の時間を犠牲にしすぎるとひずみがきます。振り返ってみると、確かにそう思っている自分もいたような気がします。

あえて不満は出さないようにして。。。

するといつしかそれが当たり前になり夫は皿もさげなくなります。

私は内心ストレスがたまりぽろぽろ不満を口にしそれに対し夫もだんだんイライラが募る日々。。

自分を犠牲にして相手に尽くしても何もいいことはありません。

自分を犠牲にしないことは大切だと思います。無理して頑張ると、自分だけが我慢している、と思ってしまいそれがイライラのもとになります。

なのでちょっとでもそう感じたらすぐやめてしまうのがいいと思います。

 

外で長い時間一人になると少し冷静になれます。

また夫もしばらくほったらかされて一人になることで「妻のありがたみ」がわかるのではないでしょうか。

 

「なんでも完璧にやろうとしている」わけではなくても時間と体力には限りがあり、「やりたいこと」と「実際できること」の間には隔たりがあります。

その隔たりが大きいとストレスになります。

そういう場合、家電や一時保育など自分の頑張り以外の手段でそのギャップを埋める努力はしつつどれを取りどれを捨てるか、の選択は必要です。

よーく考えて、「ここだけは譲れない」という一線を明らかにしたら、あとはそこを守り通すようにする。必要以上に自分を犠牲にしない。

それを心掛けるだけでだいぶイライラ予防になるのではないでしょうか?

 できればMAXになる前に対処したいものですね。